HOME プロフィール

森田忠明事務所

Author:森田忠明事務所
「玉鉾書院」(志士遺文・和漢古典等の学舎)を運営。機関誌「季刊ゐしんぴあ」発行。また「日本歌壇」(定例歌会毎月開催、会報「日本歌壇」)、「國民行動」(在野有志活動網 機関誌「國民行動」 、國風講座(國民行動主催)、「玉鉾奉仕団」(皇居勤労奉仕団体)、「大詔奉戴祭」「天長節を祝ふ会」の事務局担任。nippon@plum.plala.or.jp  http://ishinpeer.jp(準備中)
(写真=北岳より望見する富士)

最新記事 最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

獨酌舒嘯

森田忠明事務所 【社稷廓清 草莽崛起】

《風簷詠懷》 子のうへに


 [晨風夕影賦] 一樣   
子のうへにかくるなさけの敵味方なき世のすがたしめじめとしる
 
   
 
 

《風簷詠懷》 胸さわぎ


 [晨風夕影賦] 不通   
胸さわぎとどめあへずも申し遣るたづきことごと途絶えたる友
 
   
 
 

《風簷詠懷》 あたらしく


 [晨風夕影賦] 相談   
あたらしく支那語をしへむ下相談をみなとかはすきほふ心に
 
  
 
 

《風簷詠懷》 見つくろひ


 [晨風夕影賦] 古書   
見つくろひ友におくると眼を凝らす環七沿ひのふるぶみのみせ
 
 
 
 

《風簷詠懷》 世のなかの


 [晨風夕影賦] 物音   
世のなかの動くしるしかしかじかの物おとをきくわれも息して
 
 
 
 

《風簷詠懷》 しまらくは


 [晨風夕影賦] 芳香   
しまらくは足とどめたり散りすぎし金木犀のなほかぐはしく
 
 


《風簷詠懷》 ひとりゐる


 [晨風夕影賦] 稜線   
ひとりゐるあしたのどかに山の端を眼に辿りゆきたどりかへすも
 
 
 
 

《風簷詠懷》 なりはひに


 [晨風夕影賦] 約束   
なりはひにいそしむ間にも友と逢ふ日をかぞへ來つけふのこの日を
 
 
 
 

《風簷詠懷》 誇りなき


 [晨風夕影賦] 命運   
誇りなきやからつどはば頽(くづほ)れむみくにに堪へてたれか居らめや
 
 
 
 

《風簷詠懷》 につぽんの


 [晨風夕影賦] 嘲笑   
につぽんの危機に目ふたぐ政事屋のてんでん勝手を仇みさぐらむ
 
 
 
 
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。