HOME プロフィール

森田忠明事務所

Author:森田忠明事務所
「玉鉾書院」(志士遺文・和漢古典等の学舎)を運営。機関誌「季刊ゐしんぴあ」発行。また「日本歌壇」(定例歌会毎月開催、会報「日本歌壇」)、「國民行動」(在野有志活動網 機関誌「國民行動」 、國風講座(國民行動主催)、「玉鉾奉仕団」(皇居勤労奉仕団体)、「大詔奉戴祭」「天長節を祝ふ会」の事務局担任。nippon@plum.plala.or.jp  http://ishinpeer.jp(準備中)
(写真=北岳より望見する富士)

最新記事 最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

獨酌舒嘯

森田忠明事務所 【社稷廓清 草莽崛起】

《風簷詠懷》 息あらく

 [晨風夕影賦] 下風   
息あらく來(き)しも仇の手のがるるにあらで靑葉のすずし下かげ
   

   

 

《風簷詠懷》 受付の

 [晨風夕影賦] 稀有   
受付の女(をな)けうにして笑みこぼしわれは怒りをしづめそめてき
   

   

 

《風簷詠懷》 世を避けむ

 [晨風夕影賦] 四海   
世を避けむ思ひふくらむうつせみのよもの海こそはやととのはめ
   

   

 

《風簷詠懷》 よわき齒の

 [晨風夕影賦] 俯仰   
よわき齒の二三折るればやうやくによはひ深むと頬なづるなり
   

   

 

《風簷詠懷》 おほいなる

 [晨風夕影賦] 結實   
おほいなる執(とら)はれごころおほき實をむすびしためし史記にわがみむ
   

   

 

■ 第75回 國風講座

 
    第75回 國風講座   
 
          

   日  時 : 平成30年7月22日(日)

●第1部   読書百遍 1100~
       桶谷秀昭  『昭和精神史 戦後篇』 文春文庫

第2部  
  講 話 : 1400~
  講 師 :  清水明彦氏(元千葉県立高校地理歴史科教諭)
     テーマ :「元歴史教員の言ひ分」
  副 題 :「近年、何かと批判される戦後の学校における歴史教育だが、その中には正し
       い批判もあれば誤つた批判もある。三十有余年教壇に立つてゐた経験をもと
       に批判に答へたい」
 ●第3部
   直 会  :  1530頃



会  費 : 1000円(直会参加は別途1000円 一品持参歓迎)
会  場 : 玉鉾倶楽部
主  催 : 國民行動 [National Action]

   連絡先
   電 話 070-5366-5511
   メイル ishinpeer@nifty.com

 

《風簷詠懷》 はづかしめ

 [晨風夕影賦] 一分   
はづかしめ掃ひのけてむはからずも受けば霽(は)らさむいちぶんのあれ
   

   

 

《風簷詠懷》 わがこのむ

 [晨風夕影賦] 平家   
わがこのむ詞章(ことば)を載する流布本の平家下卷はいづくにゆきし
   

   

 

《風簷詠懷》 現世を

 [晨風夕影賦] 憧憬   
現世をいかにいとへどうつし世の野にも花にもあくがれわたれ
   

   

 

《風簷詠懷》 現世を

 [晨風夕影賦] 愉樂   
現世をいかにいとへどうつしよをたのしむこころなしといはなく
   

   

 
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。