HOME プロフィール

森田忠明事務所

Author:森田忠明事務所
「玉鉾書院」(志士遺文・和漢古典等の学舎)を運営。機関誌「季刊ゐしんぴあ」発行。また「日本歌壇」(定例歌会毎月開催、会報「日本歌壇」)、「國民行動」(在野有志活動網 機関誌「國民行動」 、國風講座(國民行動主催)、「玉鉾奉仕団」(皇居勤労奉仕団体)、「大詔奉戴祭」「天長節を祝ふ会」の事務局担任。nippon@plum.plala.or.jp  http://ishinpeer.jp(準備中)
(写真=北岳より望見する富士)

最新記事 最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

獨酌舒嘯

森田忠明事務所 【社稷廓清 草莽崛起】
2017年02月の記事

《風簷詠懷》 いつ移る


 [晨風夕影賦] 床柱   
いつ移る知られぬ庵(いほ)の床ばしらしみじみ撫でしおぼえ薄かる   
 
 
 
 

《風簷詠懷》 つじつまの


 [晨風夕影賦] 正義漢   
つじつまの合ふ世なりなば正義漢さぞ榮(は)やされで移ろはむかし   
 
 
 
 

《風簷詠懷》 人の世の


 [晨風夕影賦] 追悼   
人の世の搖(あゆ)かしがたきことわりといふとも命あはれみじかき   
 
 
 
 

《風簷詠懷》 こののちの


 [晨風夕影賦] 大計   
こののちの計おもひ立つ東西の作家いくたり讀みつくしなむ   
 
 
 
 

《風簷詠懷》 うちかへし


 [晨風夕影賦] 大空   
うちかへしみそらあふぐをわが生の部分といはむ好事(かうず)ならねど   
 
 
 
 

《風簷詠懷》 あふ友の


 [晨風夕影賦] 獨笑   
あふ友の異口同音に皺み顏ほのかほころぶわがほそるらし   
 
 
 
 

《風簷詠懷》 語りつぎ


 [晨風夕影賦] 革正   
語りつぎ爲しつぐ營爲よそにしてみくに矯(た)めたるためし見いでず   
 
 
 
 

《風簷詠懷》 國の仇


 [晨風夕影賦] 魚餌   
國の仇ことごとたばねわたつみの魚(いを)の餌(ゑば)とぞはやもなしてむ   
 
 
 
 

《風簷詠懷》 スウパアの


 [晨風夕影賦] 軒昂   
スウパアの割引ねふだ貼るあとを尾(つ)くる年增のすくよかさもが   
 
 
 
 

《風簷詠懷》 陽光さす


 [晨風夕影賦] 囘憶   
陽光(ひかげ)さす秀つ枝(ほつえ)に熟れし柿いくつのどに待ちをり鳥の来寄るを   
 
 
 
 
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。