HOME プロフィール

森田忠明事務所

Author:森田忠明事務所
「玉鉾書院」(志士遺文・和漢古典等の学舎)を運営。機関誌「季刊ゐしんぴあ」発行。また「日本歌壇」(定例歌会毎月開催、会報「日本歌壇」)、「國民行動」(在野有志活動網 機関誌「國民行動」 、國風講座(國民行動主催)、「玉鉾奉仕団」(皇居勤労奉仕団体)、「大詔奉戴祭」「天長節を祝ふ会」の事務局担任。nippon@plum.plala.or.jp  http://ishinpeer.jp(準備中)
(写真=北岳より望見する富士)

最新記事 最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

獨酌舒嘯

森田忠明事務所 【社稷廓清 草莽崛起】
2016年03月の記事

《風簷詠懷》 曾遊の

                            
 [晨風夕影賦] 金澤紀行 三月二十八、二十九日   
曾遊の市場かいわい風ぬるみとつくにびとも大手ふるらし    
 
    

    

《風簷詠懷》 のみど濕す

                           
 [晨風夕影賦] 金澤紀行 三月二十八、二十九日   
のみど濕(しめ)すいとまなきがに運ばれてはやばや春の加賀のまれびと    
 
    

    

《風簷詠懷》 撓みがちに

                          
 [晨風夕影賦] 皇居勤勞奉仕 三月二十二日~二十五日   
撓(たわ)みがちに心なりゆく民草もうるほひふかしけふの出でまし    
 
    

    

《風簷詠懷》 もろ鳥を

                         
 [晨風夕影賦] 皇居勤勞奉仕 三月二十二日~二十五日   
もろ鳥を寄する雜木の寂(さび)よけれわが在りがほしむさし野のさと    
 
    

    

《風簷詠懷》 消失せたる

                        
 [晨風夕影賦] 皇居勤勞奉仕 三月二十二日~二十五日   
消失(けう)せたる攜帶いまし山と積むかれ葉の下に繼ぎて震(ふ)りつつ    
 
    

    

《風簷詠懷》 御下賜品を

                       
 [晨風夕影賦] 皇居勤勞奉仕 三月二十二日~二十五日   
御下賜品(たまもの)を受けてかへさの花つぼみ思ひ爲しにやふくらむごとし    
 
    

    

《風簷詠懷》 うちあふぐ

                      
 [晨風夕影賦] 皇居勤勞奉仕 三月二十二日~二十五日   
うちあふぐ乾通りのさくら木の咲く一分二分みたび指ししか    
 
    

    

《風簷詠懷》 としどしの

                     
 [晨風夕影賦] 皇居勤勞奉仕 三月二十二日~二十五日   
としどしのうつしゑにことしまた寫る伏見やぐらの三月のいろ    
 
    

    

《風簷詠懷》 黄の玉の

                    
 [晨風夕影賦] 皇居勤勞奉仕 三月二十二日~二十五日   
黄の玉の群らがる方へ差し寄れば眼にしみとほる山茱萸(さんしゆゆ)の花    
 
    

    

《風簷詠懷》 舌足らぬ

                   
 [晨風夕影賦] 恥   
舌足らぬ人のあとよりさかしらをさらすものいひ恥ぢざらめやも    
 
    

    
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。