HOME プロフィール

森田忠明事務所

Author:森田忠明事務所
「玉鉾書院」(志士遺文・和漢古典等の学舎)を運営。機関誌「季刊ゐしんぴあ」発行。また「日本歌壇」(定例歌会毎月開催、会報「日本歌壇」)、「國民行動」(在野有志活動網 機関誌「國民行動」 、國風講座(國民行動主催)、「玉鉾奉仕団」(皇居勤労奉仕団体)、「大詔奉戴祭」「天長節を祝ふ会」の事務局担任。nippon@plum.plala.or.jp  http://ishinpeer.jp(準備中)
(写真=北岳より望見する富士)

最新記事 最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

獨酌舒嘯

森田忠明事務所 【社稷廓清 草莽崛起】
2016年02月の記事

《風簷詠懷》 大儀やな

                                                                                                                                                        
 [晨風夕影賦] 文字   

大儀やな安マーカーの文字みたび四たび拭へどいまだ消(け)たれず    
 
    

    

《風簷詠懷》 待ち待ちし

                                                                                                                                                       
 [晨風夕影賦] 授業   

欲しかりし脚つきボードありてけふさぞな支那語の授業はかどる    
 
    

    

《風簷詠懷》 いづへまで

                                                                                                                                                      
 [晨風夕影賦] 茫然   

いづへまで講義したるやテクストを作るに茫と睦月みかへる    
 
    

    

《風簷詠懷》 霜どけの

                                                                                                                                                     
 [晨風夕影賦] 朝爲事   

霜どけのつちふむ姥(うば)の朝しごとじやがたら芋を幾うね埋めし    
 
    

    

《風簷詠懷》 高瀨だに

                                                                                                                                                    
 [晨風夕影賦] 丸木橋   

高瀨だに足はすくみつ丸木橋きほひわたりしとき代(よ)とほのく    
 
    

    

《風簷詠懷》 子ら起す

                                                                                                                                                   
 [晨風夕影賦] 聲   

子ら起すこゑにもこもるうれしびのあらそへずけり雪を告げゐて    
 
    

    

《風簷詠懷》 寢おどろき

                                                                                                                                                  
 [晨風夕影賦] 雪一面   

寢おどろき見いでしみ雪きぞ剪りしかなめが枝(うれ)をうち覆ひをり    
 
    

    

《風簷詠懷》 日の出より

                                                                                                                                                 
 [晨風夕影賦] 致景   

日の出より夕ぐるるまで一つ處(ど)にあかでながむる致景(ちけい)もあれな    
 
    

    

《風簷詠懷》 新宿に

                                                                                                                                                
 [晨風夕影賦] 約束   

新宿にひさに會はむと言ひちぎる五日先こそ待ち遠しけれ    
 
    

    

《風簷詠懷》 片づけし

                                                                                                                                               
 [晨風夕影賦] 火影   

片づけし野菜ばたけに守(も)るほかげ晝めらめらと音(ね)ぞ高鳴りて    
 
    

    
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。