HOME プロフィール

森田忠明事務所

Author:森田忠明事務所
「玉鉾書院」(志士遺文・和漢古典等の学舎)を運営。機関誌「季刊ゐしんぴあ」発行。また「日本歌壇」(定例歌会毎月開催、会報「日本歌壇」)、「國民行動」(在野有志活動網 機関誌「國民行動」 、國風講座(國民行動主催)、「玉鉾奉仕団」(皇居勤労奉仕団体)、「大詔奉戴祭」「天長節を祝ふ会」の事務局担任。nippon@plum.plala.or.jp  http://ishinpeer.jp(準備中)
(写真=北岳より望見する富士)

最新記事 最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

獨酌舒嘯

森田忠明事務所 【社稷廓清 草莽崛起】
2015年10月の記事

《風簷詠懷》 家移りを

                       
 [晨風夕影賦] 秋深し  

家移りをおもふ折からうち置きし畑(はた)すがれつつ秋ふかむめり    
 
    

      

《風簷詠懷》 及び腰

                      
 [晨風夕影賦] 航行作戰  

及び腰あらはにイージス遣るくにを囃すひまにも牙とぐ仇は    
 
    

      

《風簷詠懷》 改竄の

                     
 [晨風夕影賦] 國恥  

改竄の大國とさへおもほゆるをつつに生きてみくにかなしも    
 
    

      

《風簷詠懷》 くだつ世の

                    
 [晨風夕影賦] 拂拭  

くだつ世のもはらごころに立ちぞそふ焦(い)り揉むかげをはや祓はばや    
 
    

      

《風簷詠懷》 パソコンの

                   
 [晨風夕影賦] 姿  

パソコンのました這ひゐしかめ蟲をはじき飛ばしてその姿(かげ)追ひつ    
 
    

      

《風簷詠懷》 ておくれと

                  
 [晨風夕影賦] 手習ひ  

ておくれと書畫をいひそね手習ひの旬(しゆん)によはひのあるやあとさき    
 
    

      

《風簷詠懷》 月夜野の

                 
 [晨風夕影賦] 家苞  

月夜野の道の驛すぐ家づとに菜を惜しも惜し買ひそこねたる    
 
    

      

《風簷詠懷》 猿ケ京バンジージャンプ場

                
 [晨風夕影賦] 猿ケ京バンジージャンプ場  

猿ならで絶叫ひいて飛びおりし若きは命綱(つな)とともに搖れゐる    
 
    

      

《風簷詠懷》 湯けむりは

               
 [晨風夕影賦] 猿ケ京温泉  

湯けむりはいづくにぞ立つ湖の面(うみのも)に見よみまさりのする色見草    
 
    

      

《風簷詠懷》 朗らあり

                
 [晨風夕影賦] 椿(つばき)山房(三國路與謝野晶子紀行文學館)  

朗らあり魔性も見えつうつしゑの晶子のまみと見合ふひととき    
 
    

     
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。