HOME プロフィール

森田忠明事務所

Author:森田忠明事務所
「玉鉾書院」(志士遺文・和漢古典等の学舎)を運営。機関誌「季刊ゐしんぴあ」発行。また「日本歌壇」(定例歌会毎月開催、会報「日本歌壇」)、「國民行動」(在野有志活動網 機関誌「國民行動」 、國風講座(國民行動主催)、「玉鉾奉仕団」(皇居勤労奉仕団体)、「大詔奉戴祭」「天長節を祝ふ会」の事務局担任。nippon@plum.plala.or.jp  http://ishinpeer.jp(準備中)
(写真=北岳より望見する富士)

最新記事 最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

獨酌舒嘯

森田忠明事務所 【社稷廓清 草莽崛起】
2015年03月の記事

《風簷詠懷》 世のメモ魔

 
 [晨風夕影賦] 悔恨   

世のメモ魔みるはくるしもしかすがに備忘を欠きしときの悔しさ   

  


《風簷詠懷》 しんじゆくを

 
 [晨風夕影賦] 高尾發   

しんじゆくを經るが早しと横濱へゆく檢索をかけしかばいづ   

  


《風簷詠懷》 食はむとて

 
 [晨風夕影賦] 日永   

食はむとて春の日永(ひなが)を業(な)りにつつみづから傷むわれならなくに   

  


《風簷詠懷》 芝櫻

 
 [晨風夕影賦] 夢   

芝櫻われはも得たり年ごろのおもひもかくはささやかにして   

  


《風簷詠懷》 求め來し

 
 [晨風夕影賦] 勿忘草   

求めこしわすれな草にことよせて忘れまいとぞ何なぐさもる   

  


《風簷詠懷》 面選りを

 
 [晨風夕影賦] 臥處 (三月中旬)   

面選(おもえ)りをするやうぐひす待つほどは来ずて臥處(ふしど)にけさ聞きそめつ   

  


《風簷詠懷》 老いちから

 
 [晨風夕影賦] 健在  

老いちから振るひておのが健在をしめす人どちゐる世うべなふ   

  


《風簷詠懷》 貸し倉庫

 
 [晨風夕影賦] 氣配  

貸し倉庫のぞく折しも舞ひぞ來るけはひしづかに梅のはなびら   

  


《風簷詠懷》 襷には

 
 [晨風夕影賦] 家賃  

襷にはならぬ貸家(かしや)も賃料のふさはばただち借り受けましを   

  


《風簷詠懷》 あしたより

 
 [晨風夕影賦] 水洟  

あした夙(と)くあけし窗より夜の冷氣しのび入るとき水洟(みづばな)はおつ   

  

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。