HOME プロフィール

森田忠明事務所

Author:森田忠明事務所
「玉鉾書院」(志士遺文・和漢古典等の学舎)を運営。機関誌「季刊ゐしんぴあ」発行。また「日本歌壇」(定例歌会毎月開催、会報「日本歌壇」)、「國民行動」(在野有志活動網 機関誌「國民行動」 、國風講座(國民行動主催)、「玉鉾奉仕団」(皇居勤労奉仕団体)、「大詔奉戴祭」「天長節を祝ふ会」の事務局担任。nippon@plum.plala.or.jp  http://ishinpeer.jp(準備中)
(写真=北岳より望見する富士)

最新記事 最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

獨酌舒嘯

森田忠明事務所 【社稷廓清 草莽崛起】
2015年02月の記事

《風簷詠懷》 千九百

 
 [晨風夕影賦] 岡潔  

千九百一年うまれのよはひ合ふ西紀を永くもちゐ來しとぞ    

  


《風簷詠懷》 白粉なす

 
 [晨風夕影賦] 枯露柿  

白粉なす枯露柿(ころがき)ふたつ頬張りぬ三(み)つめためらひしきり茶をのむ    

  


《風簷詠懷》 さしくみに

 
 [晨風夕影賦] 鷄鳴  

さしくみに鷄(とり)けたたまし校庭をしめす小雨に耳すますとき    

  


《風簷詠懷》 ひそと來て

 
 [晨風夕影賦] 失地  

ひそと來て失地の山に刈る柴のけふはおもしも夕かへりつつ    

  


《風簷詠懷》 うひぢんの

 
 [晨風夕影賦] 入試  

うひぢんの氣負ひなきがに箸をおく高校入試の子ろが朝戸出    

  


《風簷詠懷》 稿料に

 
 [晨風夕影賦] 海の幸  

稿料に代へよと告げし海のさち二十八回書きてとどかず    

  


《風簷詠懷》 このひとの

 
 [晨風夕影賦] 酒  

このひとの酒のさそひをいつたびに一度受くとふ仕打ちうべなふ    

  


《風簷詠懷》 はじめての

 
 [晨風夕影賦] 芋香  

はじめての友も寄り合ひうたを詠む卓に芋香(いもか)の酒すすむらく    

  


■ 第35回 國風講座

 
  第35回 國風講座 (再掲 
 
        

   日  時 : 平成27年2月22日(日) 午前11時~午後3時半

●第1部
  読書百遍 : 午前11時~午後1時30分
  今月の本 : 菊池寛著 『日本武将譚』 (文春文庫)
●第2部
  講  話 : 午後2時~3時半
  講  師 : 玉川博己氏 (前回風邪にて急遽順延)  
  テ ー マ : 「国体論を考へる   
  講師略歴
  昭和22年生 東京都出身
  慶應義塾大学経済学部卒業。
  学生時代は日本学生同盟に参加。
  書記長を経て市ケ谷台事件のときは委員長。
  「三島由紀夫研究会」と「憂国忌」の創設に参加。
  昭和47年4月以降、川崎重工業勤務。
  現在は会社経営。三島由紀夫研究会代表幹事。
  
●第3部
  直 会    : 午後4時より

会  費 : 1000円(新年会参加者は別途1000円) 差し入れ歓迎
会  場 : 御苑倶楽部  東京都新宿区新宿1-7-10 グランドメゾン新宿御苑601
主  催 : 國民行動 [National Action]

   連絡先
   電 話 070-5366-5511


■ 第48回 日本歌壇定例歌会

 
      第48回 日本歌壇定例歌会

           ── 三十一文字を愉しむ ──

              会報/月刊「日本歌壇」発行


 期 日 平成27年2月20日(金)1800より
 兼 題 「寒明け」「仕事」   
 会 場 御苑倶楽部
      東京都新宿区新宿1ー7ー10ー601
 会 費 1千円
(含酒肴 1 品持参なほよし)

    連絡先
    電 話 070-5366-5511


プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。