HOME プロフィール

森田忠明事務所

Author:森田忠明事務所
「玉鉾書院」(志士遺文・和漢古典等の学舎)を運営。機関誌「季刊ゐしんぴあ」発行。また「日本歌壇」(定例歌会毎月開催、会報「日本歌壇」)、「國民行動」(在野有志活動網 機関誌「國民行動」 、國風講座(國民行動主催)、「玉鉾奉仕団」(皇居勤労奉仕団体)、「大詔奉戴祭」「天長節を祝ふ会」の事務局担任。nippon@plum.plala.or.jp  http://ishinpeer.jp(準備中)
(写真=北岳より望見する富士)

最新記事 最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

獨酌舒嘯

森田忠明事務所 【社稷廓清 草莽崛起】
2012年03月の記事

《風簷詠懷》 長岡の

 

 [晨風夕影賦] 靑春18きつぷの旅 信濃越中越後   


長岡の酒肴の幻魚(げんぎよ)わが食へばうましうましと兒も二匹くふ

 

 

 

 

 

 

《風簷詠懷》 複製の

 

 [晨風夕影賦] 靑春18きつぷの旅 信濃越中越後   


複製のガトリング砲の銃口をまはす兒の手に掌(て)をそへにけり

 

 

 

 

 

 

《風簷詠懷》 繼之助

 

 [晨風夕影賦] 靑春18きつぷの旅 信濃越中越後   


繼之助揮毫のかもすぬくもりの閉館までもひと去らしめず

 

 

 

 

 

 

《風簷詠懷》 おほわたと

 

 [晨風夕影賦] 靑春18きつぷの旅 信濃越中越後   


おほわたと陸(くぬが)のあひを各驛の停りかさねて北さすわれは

 

 

 

 

 

 

《風簷詠懷》 わたのはら

 

 [晨風夕影賦] 靑春18きつぷの旅 信濃越中越後   


わたのはら靄(もや)るおくがの島かげを推し量りゆく旅もよろしも

 

 

 

 

 

 

《風簷詠懷》 雪景色

 

 [晨風夕影賦] 靑春18きつぷの旅 信濃越中越後   


雪景色まさ眼にみむと旅くれば越後のたひら空あをみかも

 

 

 

 

 

 

《風簷詠懷》 眼を皿に

 

 [晨風夕影賦] 靑春18きつぷの旅 信濃越中越後   


眼を皿に魚津沖べの蜃氣樓もしやと見やる甲斐なかりけり

 

 

 

 

 

 

《風簷詠懷》 年ごとの

 

 [晨風夕影賦] 靑春18きつぷの旅 信濃越中越後   


年ごとの先用後利のくすり賣り富山にしきりなつかしみをり

 

 

 

 

 

 

《風簷詠懷》 冬山の

 

 [晨風夕影賦] 靑春18きつぷの旅 信濃越中越後   


冬山のそがひの潮(うしほ)ゆたゆたにわが汽車の音(と)を乘せてうねるも

 

 

 

 

 

 

《風簷詠懷》 尺餘の雪

 

 [晨風夕影賦] 靑春18きつぷの旅 信濃越中越後   


尺餘の雪とざすやまかひ春とほし大絲線を子ろとし來れば

 

 

 

 

 

 

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。