HOME プロフィール

森田忠明事務所

Author:森田忠明事務所
「玉鉾書院」(志士遺文・和漢古典等の学舎)を運営。機関誌「季刊ゐしんぴあ」発行。また「日本歌壇」(定例歌会毎月開催、会報「日本歌壇」)、「國民行動」(在野有志活動網 機関誌「國民行動」 、國風講座(國民行動主催)、「玉鉾奉仕団」(皇居勤労奉仕団体)、「大詔奉戴祭」「天長節を祝ふ会」の事務局担任。nippon@plum.plala.or.jp  http://ishinpeer.jp(準備中)
(写真=北岳より望見する富士)

最新記事 最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

獨酌舒嘯

森田忠明事務所 【社稷廓清 草莽崛起】
2011年08月の記事

《風簷詠懷》 とつくにの

 

 晨風夕影賦 飮食(おんじき)囘想(日本)   


とつくにの酒肆(さかば)まづしゑさらさらにわが居酒屋の効おもひみむ

 

 

 

《風簷詠懷》 野田丸の

 

 慷慨傷懐賦 焦點   


野田丸の浮沈はかろしわが國威振るふふるはぬ責めぞ負へかし

 

 

 

 

《風簷詠懷》 たふとかる

 

 晨風夕影賦 飮食(おんじき)囘想(香港)   


たふとかる時をうしなふ飮食(のみくひ)の飮茶(ヤムチャ)ばかりは千里もゆかむ

 

 

 

 

《風簷詠懷》 言かよはぬ

 

 晨風夕影賦 飮食(おんじき)囘想(マレイシア)


言(こと)かよはぬ少女(めこ)と踊りしまれごともクアラの記憶たどるひと齣

 

 

 

 

《風簷詠懷》 クンサゐし

 

 晨風夕影賦 飮食(おんじき)囘想(ビルマ)


クンサゐし三角地帶の河こえて飯(いひ)賣る小屋(をや)のわれはまらうど

 

 

 

 

《風簷詠懷》 モスクワの

 

 晨風夕影賦 飮食(おんじき)囘想(ロシア


モスクワの客あしらひの不愛想を國土あまねき基と知り居よ

 

 

 

 

《風簷詠懷》 手料理を

 

 晨風夕影賦 飮食(おんじき)囘想(内蒙古)   


手料理にあづかり子等にふるさとを熱唱しゐたる滿洲里はも

 

 

 

 

《風簷詠懷》 靖國を

 

 慷慨傷懐賦 野田登場   


靖國をあがめでいかに澄ますとも神のみならず在野これ知る

 

 

 

《風簷詠懷》 無償化へ

 

 慷慨傷懐賦 菅退陣   


無償化へなにぞこの期の置きみやげつくづく烏滸(をこ)を呪はざらめや

 

 

 

《風簷詠懷》 人家のみ

 

 晨風夕影賦 飲食(おんじき)回想(ネパアル)   


人家のみ夜ごと商ふどぶろくに腹下したりカトマンドゥーは

 

 

 

 

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。