HOME プロフィール

森田忠明事務所

Author:森田忠明事務所
「玉鉾書院」(志士遺文・和漢古典等の学舎)を運営。機関誌「季刊ゐしんぴあ」発行。また「日本歌壇」(定例歌会毎月開催、会報「日本歌壇」)、「國民行動」(在野有志活動網 機関誌「國民行動」 、國風講座(國民行動主催)、「玉鉾奉仕団」(皇居勤労奉仕団体)、「大詔奉戴祭」「天長節を祝ふ会」の事務局担任。nippon@plum.plala.or.jp  http://ishinpeer.jp(準備中)
(写真=北岳より望見する富士)

最新記事 最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

獨酌舒嘯

森田忠明事務所 【社稷廓清 草莽崛起】
2011年07月の記事

《風簷詠懷》 さ霧はふ

 

 晨風夕影賦 禰固霊社   


さ霧はふ根子のいただき禰固(ねこ)の碑のそのかみ彫(ゑ)りし文字見まうかり

 

 

 

 

《風簷詠懷》 踏みなづむ

 

 晨風夕影賦 鶯   


踏みなづむわれをさやかに勇むらむ白樺林のうぐひすのこゑ

 

 

 

 

《風簷詠懷》 のぼり路の

 

 晨風夕影賦 信濃根子岳   


のぼり路のとかく隙(ひま)どる根子岳の霧がくり咲くやなぎ蘭はも

 

 

 

 

《風簷詠懷》 たちまちに

 

 晨風夕影賦 下山   


たちまちに天陰(ひし)けて雨の零(ふ)りくれば今はむなしく山下り来つ

 

 

 

 

《風簷詠懷》 こはいかに

 

 晨風夕影賦 騎乗   


こはいかに六合目まで馬つかひ富士のいただきめざす脚よわ

 

 

 

 

《風簷詠懷》 よしきりの

 

 晨風夕影賦 分秒   


よしきりの早鳴くこゑに急かされて分秒をあらそふごとし朝ごと

 

 

 

 

《風簷詠懷》 縁うすき

 

 晨風夕影賦 不祝儀   

 

  
縁うすき親類あひあふ不祝儀の効(かひ)をしおもふこの儀式(ゐやわざ)に

 

 

 

 

《風簷詠懷》 長靴の

 

 晨風夕影賦 無用の長物   

 

  
長靴のふたつ破れて用なさぬいづれの国のつくれるものか

 

 

 

 

《風簷詠懷》 友が母の

 

 晨風夕影賦 誄詞   

 

  
友が母のみはふり仕ふと冷房をまはして誄詞(のりと)つくりはじめつ

 

 

 

 

《風簷詠懷》 トリウムの

 

 晨風夕影賦 呪詛   

 

  
トリウムの溶融塩炉なるものに関心が向くこのごろにして

 

 

 

 

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。