HOME プロフィール

森田忠明事務所

Author:森田忠明事務所
「玉鉾書院」(志士遺文・和漢古典等の学舎)を運営。機関誌「季刊ゐしんぴあ」発行。また「日本歌壇」(定例歌会毎月開催、会報「日本歌壇」)、「國民行動」(在野有志活動網 機関誌「國民行動」 、國風講座(國民行動主催)、「玉鉾奉仕団」(皇居勤労奉仕団体)、「大詔奉戴祭」「天長節を祝ふ会」の事務局担任。nippon@plum.plala.or.jp  http://ishinpeer.jp(準備中)
(写真=北岳より望見する富士)

最新記事 最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

獨酌舒嘯

森田忠明事務所 【社稷廓清 草莽崛起】
2011年01月の記事

《風簷壱詠》 四半世紀

 

 忼槪傷懷賦] かつて自民政府、「財團法人國民の祝日を祝ふ會」を設立、二月十一日式典を開きをりしに   
 

四半世紀へたるあはひにうたかたの生(あ)れて消えにし祝ふ會あはれ

 

 

 

 

《風簷壱詠》 奸賊の

 

 忼槪傷懷賦] 紀元節奉祝式典發足に際し、總理中曾根康弘、汚らはしくも買収を企圖す   
 

奸賊の姦智しりぞけ船出せる在野のつどひ年かさね來し

 

 

 

 

第27回 紀元節奉祝式典のご案内

皇紀2671年   

第27回紀元節奉祝式典 要領

      
 
日時 平成23年2月11日(金・祝)
    午後5時開会(4時半開場)・・・7時半終了予定

 

場所 星陵会館(電話03-3581-5650)
    「永田町」「国会議事堂前」「溜池山王」「赤坂見附」下車

 

会費 1000円(学生無料)

 

次第 紀元節祭
    記念講演 「日本の禊祓」
             荒谷 卓先生
(明治神宮武道場「至誠館」館長)

 

 

           紀元節奉祝式典実行委員会

                 代表 藤本隆之
             事務局 東京都文京区本郷1-28-36-301 展転社気付

                   電話 03(3815)0721

 

                 なほ、本実行委員会初代代表森田忠明は現在、世話人の任にあり。

                 読者には、ふるつてご参列賜らんことを。

 

 

 

 

紹介 愛書連講演会

当事務所宛の案内状を紹介させて頂く。   

 

 愛書連講演会

表題 「中絶違法化で、移民受け入れ案に対抗しよう」   

講師 鎌田久子 先生
(NPO法人「天使ほほえみ」理事長)
(日本女性の会 運営委員)

(趣旨)  

経団連の米倉会長は1月21日に、「日本は少子化が進んでいるので移民を受け入れないといけない」と都内の「外国人記者クラブ」で講演しました。
しかし、そもそも日本の「少子化」の原因は、GHQが合法化した「中絶」にあり、報告されているだけで年間30万件の人工妊娠中絶手術が行われていることにあります。
かつて敵国だった日本の人口を減らすことをGHQが意図していた政策であり、その意図どおりの結果が出ているのが「少子化」です。単身者が養子をとれないなど、養子を取りにくい法制度も、中絶件数が多い原因になっています。このたびは、中絶違法化運動に関与されてきた鎌田久子先生をお招きして、おはなしをしていただくことになりました。

日時 : 平成23年2月26日 午後6時30分から(開場 6時)

場所 : 東京ウィメンズプラザ1階(視聴覚室)
       東京都渋谷区神宮前5-53-67 電話 03-5467-1711(代)

会場費(含資料代) : 2000円 鎌田先生の著書など2冊贈呈

お問い合わせ : 田口圭(日本独立宣言 主幹)
 メール kokueki@ gmail.com
 090-2543-6967
 天国太平(愛書連)

 

 

《風簷壱詠》 率土の濱

 

 慷槪傷懷賦] 外国人のわが土地所有深刻   
 

率土(そつと)の濱(ひん)あさるえみしを捨ておかぬ法(のり)にみくにの瀨戸はかからむ

 

 

 

 

《風簷壱詠》 侃侃の

 

 慷槪傷懷賦] 相次ぐ露國要人の北方領土視察に蚊の鳴く如き抗議のみ   
 

侃侃(かんかん)の非言(ひごん)も得せで島かげは蠻露の闇へとけゆくらしも

 

 

 

 

《風簷壱詠》 義滿に

 

 慷槪傷懷賦] 首相菅直人に「歴史に對する反逆行爲」の語あり   
 

義滿に如(し)く質(たち)わろき醜(しこ)おとどかへりみて他を言ふぞさもしき

 

 

 

 

《風簷壱詠》 仇ふせぐ

 

 慷槪傷懷賦] 自衞隊の恣意的思想統制強化   
 

仇ふせぐ軍(いくさ)をもとなわたくしに頤指(いし)するも憂き御代の冬ざれ

 

 

 

 

《風簷壱詠》 ただ靡く

 

 [慷槪傷懷賦] 支那に核先制使用論擡頭
 

ただ靡くあしきならひを國つちゆ攘ふに勢(きほ)へまが斷たむため 

 

 

 

《風簷壱詠》 引渡し

 

 [慷槪傷懷賦] 所謂遺棄化學兵の處理   
 

引渡し兵噐を遺棄と誣(し)ひにつつわれと縊(くび)れむうつつ危ふし

 

 

 

 

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。